Furlong Design

Category: ママの食べ物

授乳時は栄養バランスが大切

授乳時は母乳を介して子どもにそのまま栄養が行ってしまうので、栄養バランスと油の摂り過ぎには気をつけていました。
また、使う調味料も、それまでは白砂糖だったのをてんさい糖にしたり、みりんもみりん風調味料ではなく本みりんを使うなど、できるだけ本物にこだわるようにしました。

栄養バランスについては、「まごわやさしい」と「オカアサンハヤスメ」の合言葉に沿って、献立に取り入れるようにしました。
いずれも母親教室でアドバイスされたもので、授乳時のみならず、その後の食事作りの際にも参考にしました。

「まごわやさしい」とは、「豆」のま、「ごま」のご、「わかめ」のわ、「野菜」のや、「魚」のさ、「しいたけ」のし、「芋」のいを組み合わせた言葉で、これらを組み合わせることでバランスのよい食事がとれるそうで、極力意識して献立作りをしました。

0-01また、「オカ(ア)サンハヤスメ」は「オムライス」のオ、「カレーライス」のカ、「サンドイッチ」のサン、「ハンバーグ」のハ、「ヤキソバ」のヤ、「スパゲティ」のス、「目玉焼き」のメの頭文字を取って作った合言葉で、こちらは、文字通り、授乳中は休んだほうがよいメニューだそうで、食事の際には極力避けるように心がけました。
また、油のとりすぎは乳腺をつまらせる原因になると聞いて、必要以上に摂り過ぎないようになるべく揚げ物は避けていました。

そんなことに気をつけながらよく食べていたのは、和食でした。
とりわけ鍋物を作り、れんこん入り肉団子鍋は本当によく食べました。

0-53れんこんは母乳の出をよくするそうで、肉団子を作る際にすりおろして入れていました。
また、母乳の出をよくするためには体を温めることが大事だそうなので、肉団子には体を温める作用のあるしょうがの絞り汁を必ず入れるようにしました。

その他の具材は、白菜、大根、にんじん、ごぼう、ねぎ、にらなどのそのときにある野菜と、豆腐、えのきなどを加えて作って食べていました。
飽きの来ないようにスープは塩仕立てにしたり、豆乳仕立てにしたりとその時々によって変えていました。
他には、れんこん、こんにゃく、にんじん、ごぼう、絹さやの入った五目きんぴらを作って、たっぷりごまをかけて食べていました。また、ひじきの煮物も大豆やれんこんを加えて作ってよく食べていました。

栄養バランスに気をつけなければいけない授乳時の食事作りの参考に、「まごわやさしい」と「オカ(ア)サンハヤスメ」の合言葉を憶えていただけたらと思いました。

授乳しててもコーヒーを飲みたい。

初めての子供を出産した後のことです。

私は妊娠前、コーヒーが大好きで毎日欠かさず飲んでいました。自分でもコーヒー中毒なんじゃないかと思うくらいです。

妊娠・出産し、授乳が始まり。なるべく我慢して飲まないでいましたが、やはり口寂しくなるもの。

友人から出産祝いにタンポポコーヒーを頂いたので飲んでみました。しかしこれは「コーヒー」という名前がついていてもコーヒーとはいえない…別物でした。香ばしいお茶、という感じ。

046_Rとにかくコーヒーが飲みたい、と育児の先輩に愚痴を聞いてもらったら、「少しくらいなら飲んでも大丈夫だよ」と言われました。

そういえばどうして飲んじゃいけないんだっけ?と考えてみましたがよくわかりません。よく聞いたのが「子供の寝つきが悪くなる」とか「母乳を介して子供がカフェインを摂取してしまう」とかでしたが、子供がカフェイン摂ることの何が悪いのかイマイチ理解できませんでした。

小児科医にも聞いたら「そもそも母乳からうつるカフェインなんてたかが知れているんだから大丈夫大丈夫。それよりママがストレス溜めないことが大事。コーヒーのカフェインなんてタバコのニコチンに比べたら全然問題ない!」という心強いお言葉を頂きました。

それからは子供の昼寝中、コーヒータイムを設けることにしました。一日三十分。昼寝が一日一回にまとまってからは一時間半。

録りためたドラマやバラエティを観ながら、時にはお皿洗いをしながらコーヒーを飲むのが最高のリラックスタイムです。

といっても私が飲んで満足するコーヒーの量は普通の人の3倍以上だと思います。

それを自覚しているので、初めの一杯だけ普通のコーヒーで、あとは頂き物のタンポポコーヒーを飲んでいました。満足した後なのでこれはこれで美味しい。コーヒーとは別物だと思って飲めば、あの香ばしさはクセになります。

タンポポコーヒーを飲み切った後はルイボスティーを購入しました。ホットで飲むと体がじんわり温まって、水分もたくさん摂れるので母乳の出もよくなりました。

次に妊娠した時にはまさかの双子。

出産後はとにかく母乳を出さなければと必死でした。NICUに入ったのでミルクも飲んでくれていましたが、やはり母乳の栄養素は大切だから出るならなるべく飲ませた方がいいとのことだったので。

相変わらずコーヒーは一日一杯飲んでいましたが、インターネットで「母乳の出をよくするお茶」というものを知って購入してみました。これが自分的に大ヒット。少しスパイシーなお茶で私好みでした。これのおかげなのか、ほとんど母乳寄りの混合で双子の授乳期を乗り越えました。

現在上の子は4歳、双子は2歳。とっくに卒乳しました。

あっという間の授乳期でしたが、自分にとっても子供にとってもかけがえのない時間だったと思います。

Copyright © 2017 Furlong Design

Theme by Anders NorenUp ↑