出産してすぐノンストップで始まる授乳ですが、お母さんが食べた物がそのままおっぱいから出るので、やはり食べ物には気をつけたいです。
でもあれもダメ、これもダメでは、そうでなくても授乳で疲れているお母さんには辛いと思います。

私は海外に住んでいるせいもあるのかもしれませんが、毎度美味しい和食を用意するのは食材が手に入らない、作り手がいない、などで無理なので、基本的何でも好きな物を食べ、辛い物も食べていましたし、普通のコーヒーも1?2杯飲んでいました。

香辛料が沢山の物でも食べていました。

赤ちゃんにもよってはニラやネギなどをお母さんが食べた後はおっぱいを飲まない、と言う赤ちゃんもいるらしいですがうちの子は大丈夫でした。

気になるようであれば、赤ちゃんの様子を伺いながら
「あ、あの食材は避けたい方が良いかな」
とか思考錯誤してけば良いと思います。

どの食事も、野菜、お肉などバランス良く食べていけばこの食事はダメ、と言うのはないかと思います。

おっぱいをあげているときにルイボスティー

子供が2人いる私は、どちらの子も授乳を始めて初めの1ヶ月は、授乳中にとにかくのどが渇いて渇いて仕方がありませんでした。

授乳し始めて2分後位に、のどがぐわ?っと渇いてくる感じがしていて授乳前に必ず飲み物を隣に置いていました。

その時水分補給としてい飲んでいたのは、常温のノンカフェインの麦茶かルイボスティーでした。
あっという間になくなるので、毎日2回位夜間で煮出してどんどん飲んでいました。

麦茶もそうですが、ルイボスティーは特に沸騰してから茶葉を入れ、数分煮出すとより美味しかったです。

乳製品は、おっぱいが張ります。
少量ならば良いですが、チーズなどを食べ過ぎるとおっぱいが詰まってガチガチになります。

その前に赤ちゃんもにどんどん飲んでもらえば良いですが、小さうちはあまり飲む量も多くないので詰まるだけで、詰まったところはかなり痛いです。

冷やしたり、自分で少し絞ったりするのですが、絞りすぎると今度はおっぱいがどんどん活動して量が多くなり、赤ちゃんが飲む際にシャワー状態になります。

0-25私は、とてもよく出るおっぱいだったので、ちょっと乳製品を取るだけで、子供の顔に降りかかるくらいおっぱいが出てしまっていました。

常にパッドを装着していないと服も濡れてしまうので、好きだったチーズ、ヨーグルトは食べても少量にしていました。

あとは外国人のお友達は、おっぱいが出ない時に1度ドーナツを食べたらおっぱいが張ってきてどんどん出るようになったと言う話も聞きます。

ドーナツがと言うより、きっと油物でおっぱいが張ったと言う事なんでしょうが、そう言うやり方もあるのかあ、と変に感心したのを覚えています。

子育ては、毎日初めての事ばかりで楽しいよりも疲れた、と言う気持ちになることも多々あると思います。

おっぱいに過剰なストレスは禁物なので、
「何とかなるよ、私も赤ちゃんも」
くらいなリラックスした気持ちで子育て楽しんでください。