授乳中。自分の飲んだものが全て子供に行くのではないかと、何かと気になるものですよね。
でも意外にも、私が出産した産婦人科では、あまり気にしないように言われました。

好きなものを食べることで、いろんな味になれ、子供も離乳食がすんなり行くそうです。
お酒も、授乳間隔が3時間空くようになれば、少したしなむ程度なら大丈夫。

市販の薬で、授乳中の方は飲まないようにうたってある薬でも、薬剤師さんに確認すると、実際には赤ちゃんが飲んでいけない成分のものは何も入っていないものも多いのです。
もちろん、飲む前に必ず薬剤師さんに確認するべきですし、お酒などは飲む必要性がありませんので、我慢できるならした方がいいと私は思います。

ただ、それがストレスになってしまい、子供に当たってしまうならどうでしょうか?
頭痛に悩まされ、子育てどころでないなら…どうでしょうか。
少しでもリラックスした気分で子育てが出来ることが、親子にとっては大事だと思います。

なにごとも「適度な量」をこころがけること

授乳中は、好きなものを食べてもいいですが、何事も食べ過ぎはいけません。
例えば、油っこいものや揚げ物などを食べ続けると、乳腺が詰まりやすく、乳腺炎になる危険があります。卵を食べすぎて、子供が卵アレルギーになるケースもあるという医者もいます。アレルギーについては、はっきりした原因は分かっていませんが、どんなものにしても、適度な量を心がけましょう。

育児をしてみて思ったこと

0-02私は二人の子供を完全母乳で育てましたが、おっぱいが足りていないんじゃないかと悩んだことも多々ありました。
ただ、二人とも成長曲線からはみ出す勢いで、今時珍しいくらいプクプクに育ちました。

産婦人科の先生にも、おっぱい2人分くらい出てる!と太鼓判を押されました。

そんな私の完全母乳を助けてくれた飲み物が、たんぽぽ茶です。
たんぽぽの根っこから作られたお茶で、ノンカフェインで、体を温めてくれる効果があります。

母乳は、冷やすと作られなくなり、温めることによって作られます。気持ちの問題も大きいとは思いますが、このお茶を飲んだ翌日には、胸が張ってきておっぱいが出ているなぁ!と感じることが出来、気持ち的にもとても安心することができました。

長くなりましたが、ママがリラックスした気持ちでいることが、おっぱいにも、子供にも、とても大切な授乳期です。悩み過ぎず、好きなものを適度に食べ、たくさん水分をとって子育てを頑張ってくださいね!